お金の教養講座

翌月の給料日になった。
給与明細を見ると、日給が正確に1000円減っていた。
運送屋の給与体系は「日給月給」(日給×出社日数)なことが多いので、以前よりも1000円×出社日数の分だけシンプルに給料が減る。

釜本がたまらず専務に文句を言いに行ったら、

「日給が減ったことを嘆いている暇があるのならば、1台でも多く不動車を見つければいいだけの話なんだ。
だってそうだろう? 1台見つければ前より倍の2000円なんだぜ。2000円だよ、2000円。
毎日1台ペースで見つけていけば、逆に日給が1000円増えちゃうって計算なんだよ、逆に。そこは頭の固い釜本くんでもさすがに分かるよね? そうなんだよそうなんだよ、全然減ったんじゃない、逆に言えば増えていると言ってもいいとボクは思う。むしろこれは倍々ゲームって話になってくるよね、逆に!」

などと煙に巻かれたらしい。。

その後も釜本は専務を見かける度にしつこくブーブー言っていたせいだろうか、長距離な配車ばかりを割り当てられるようになっていた。埼玉を出て仙台で積み、それを長崎へ配送。で、長崎で積んで横浜に降ろして帰庫、みたいなルート。なかなか事務所に戻って来れない。戻ってきても深夜で、もはや専務は帰宅しており不在。埼玉へ帰って来た日は休みになり、その翌日は早朝にもう出庫。当然、そんな早い時間に専務はまだ出社していない。

ある日、22時過ぎに帰庫して事務所へ行ったら釜本がおり、私を見るなり釜本は、
「株六さん、専務って、マジでクソっすわ」
から始まる愚痴を浴びせかけて来た。

事務所で奇跡的に専務に会っても、専務は相変わらずこちらの質問にはまるで答えず自分の言いたいことをひたすらしゃべり続けてこちらにツッコむタイミングをまるで与えずそうこうしているうちにどこかから電話がかかってきて「悪ィ、釜本、電話だ。じゃ、とりあえずそういうことで!」で毎回逃げやがんだよ。バカ配車にも圧かけてるみたいで、オレなんかここんとこずーっとクソ仕事ばっか。この間なんて30キロの米袋350袋、でもパレ積みパレ降ろしだからー、言われて行ってみたら全部バラ積みバラ降ろしでやんの。ありえねー。で、バカ配車、「あれえ? パレパレじゃなかったのお? ゴメンねゴメンねえ」とか笑いながら言ってやがって、ホント米袋満載の10トンであいつのアルファードにノーブレーキで突っ込んでやろうかと思ったよマジで。別の日は、北海道降ろしで青森で積んで名古屋降ろし、名古屋で積んで川崎降ろしで帰庫、だったはずなのに、川崎で降ろしてバカに電話したら、「そのままそこらで休息して、明日の朝4時に川崎で積んで徳島行ってくれる?」とか言いやがんの。もーあんまり頭に来たから、「明日は歯医者の予約してるから無理です」って断ってやったわけ。もちろんそんな予約してなかったけど、バカの言いなりなんて何かムカつくじゃん。へっへっ、バカ配車ざまあ! とか思ってたら、折り返しですぐ専務からキレ気味な電話がかかってきやがって、
「かまもとせんせい、あんたさー、ウチの会社、マジで向いてないんじゃないの〜?」
とか言ってきやがんの。ハァ? おまえこそ専務に向いてねーだろ。まったく、バカは電話してくんなっつーの!

と、止まらない釜本。

…てか、釜本よ。
この部屋にも監視カメラがあるけど、そんな風にノーガードでブッチャケてもーてて大丈夫か。。

* * *

たかが1000円。されど1000円。

結局オイシイ思いをしているのは、経営層と新田だけじゃないのか。

が。
実は、新田も皆が思っているほどには潤っていなかった。

不動車というものは、そもそもそうポンポン現れるものではない。長い間、放置されているからこそ不動車だと分かるのだ。逆に言えば、数か月は放置されていないと、パッと見では不動車かどうかは分からないということだ。
ある意味で、焼き畑農業に似ているのかもしれない。そして、もう近場の不動車は、ことごとく新田が焼き尽くしてしまっており余力はゼロ。パッと見で分かる不動車など、もうこの近辺には無い。1台も。

つまり。
年間トップ賞の可能性がある新田だけは、その賞金額にもよるが、年収単位で言えばまだ潤う可能性はある。
しかし、トップ賞の芽が無いほとんどのドライバーにとっては、日給がただ1000円下がっただけなのだ。

永田システムは、俺たちドライバーをいじかめているだけじゃないのか?

この月の社内ミーティングはコロナ再拡大を理由にスキップされた。(本当のところは、ミーティングをやったら釜本がまた斬りかかってきて面倒くさそうだから説あり)

そんなある日、ドライバーのみで構成されているグループLINEに吉田が活き活きと投稿してきた。

「みんな、目が覚めただろ。俺たちは、Nにハめられたんだ。俺のにらんでいた通りだった!! あいつら、全員グルだぞ!」

他のドライバーは、

「そいや、この間マセラティのディーラーに社長っぽい人いた」
「まじ? ちょっと前だけどポルシェの営業が事務所にきてた」
「…社長、また車買い替えんの?」
「俺らの日給カットして、外車買うってこと? ありえねーな」

などと投稿。
そして、それらを受けての今岡リーダーのLINEは、

「カットした俺らの日給で買える外車ってどんなだよww ほんと、キミらは木しか見てないんだなww」
続けて、
「クルマ買取なんて永田さんにとっちゃまだ序章だよ。誰も聞いてないの? 永田さんの二の矢の話」

ハァ? 二の矢のはなしい?? なんそれ。
てか、毎回無駄にもったいぶるそれ、なんなん。

「初耳。てか、1年後には13番目くらいの矢の話になってんじゃ?(爆)」

「www
もし、10個めの矢を超えたら、イマオカン、また事務所に連れていかれちゃってくださいwwww」
「www」
「腹いたい」

✌今岡くんだよ✌さんが退出しました。

「あ! イマオカン、ブチギレてグループ抜けやがったw」

(爆)

当然、二の矢を、もしかしたら三の矢&それ以降までも持つらしい男、
その名は永田。

→へ

←┐

いつも「拍手」をしてくださる方、ありがとうございます。
「拍手」をいただけると更新する励みに本当になります。(´▽`*)

株式投資型クラウドファンディング イークラウド