■1820 西松建設

4035円買い。

配当285円、利回り約7.06%。株主優待なし。

引き続き、建設株を収集しておりもす。

配当性向70%以上、買った時点で配当利回り7%超え。
9月末に配当140円を予定しているので、これからたった1か月100株持っているだけで、自動的に諭吉+ちょいゲット〜という簡単なビジネスですw

配当利回り7%いうことは、税引き後で約5.6%。
減配・増配しない前提なら、10年持てば買値は実質半値以下になるって寸法。18年持てば買付コストはゼロとなり、みなさん憧れの現金をただ生むだけのマッシーンへと進化します。配当金、侮るべからず。
…ま、減配とか無配になれば獲らぬ狸のアレになって計算が狂うわけですが、その時はその時でまた元気に計算し直そ!(爆)

■1926 ライト工業

1866円買い。

配当59円、利回り約3.16%。株主優待なし。

ここもジャンルは建設株です。

いわゆる特殊土木の雄。災害対策関連銘柄でもあり、今後も自然災害は激烈化していくだろうし出番はたくさんありそう。
会社としては、まずその高収益体質が目を引きますね。ここ数年、売上高は着実に伸びていて、ここ10年は増配し続けているのも好感が持てます。今でこそ利回りは3%ちょいですが、2024年は配当性向35%以上目指すと明言してるし、これからも増配を続けて行けば、「あっは! 買値で言えば利回り10%超えちゃってらあ! あっは!」な世界もそう遠くはないことでしょう。…たぶん。きっと!

建設株なんていかにも斜陽産業っぽいし、オリンピック終わってもーて、あとは万博とリニアが終わったら完全にオワコンやんけ、な話はよく聞きますが、それってホント?

海外でも稼ごうとしている会社には、当てはまらないんじゃないかなぁ。一転、大化けまである! かも?
…もしも、ズッポシ当てはまっていたらすみません(爆)

いつも「拍手」をしてくださる方、ありがとうございます。
「拍手」をいただけると更新する励みになります。(´▽`*)

株式投資型クラウドファンディング イークラウド