投資信託|セゾン投信

年内の高値予想は32,000円。数年以内に4万円もあり得る!!
みたいな数字をよく見るようになりました。

そうなれば嬉しいけど、そうならなくてもどうってことない、くらいの感じで居たいすね~。

■1814 大末建設

1491円買い。

配当100円、利回り約6.7%。株主優待なし。

Q:なぜ今、建設株なのか。

A:配当利回りが高いから。それだけ(爆)

配当性向50%以上を明言しているのは、株主として好感が持てますね。

月足の20年チャートを見るとほぼ高値圏なので、「よりによってここで買うかね?」という意見はもっともですが、ここ数年の増配傾向からするとステージは明らかに変わったのでは? と思えます。

…変わってなかったらスミマセンw ( ̄▽ ̄)


■3447 信和

803円買い。

配当43円、利回り約5.4%。株主優待なし。

建設現場などで使われる足場がメインな会社。

昨年10月に「利回りに注目するなら武田薬品でいいんジャネ?」な銘柄整理で売却しました。
…が、利回りだけでなく、今後は海外展開を積極化していくらしい。もし、それが順調に成長していけば、配当性向40%以上を明言しているので、連続増配間違いなし!w


今後も日本人は減って行く。
ということは、国内でしか商売をしていない企業は基本キツイ。成長産業ならまだしも、成熟産業は右肩下がりになるのは必定。

…とか言いながら、大末建設買ったりするんだから、実際のところまあテキトーですわ(爆)。

いつも「拍手」をしてくださる方、ありがとうございます。
「拍手」をいただけると更新する励みになります。(´▽`*)

ジュニアNISAのセゾン投信