面接前に転職サイトの面接対策を熟読し、

・応募した理由(志望動機)を話してください
・あなたの経歴を説明してください
・今までの経験を今回の仕事にどのように活かしますか
・あなたの長所と短所を話してください
・前職はなぜ辞められたのですか
・退職後の空白期間は何をされていたのですか


などの想定問答集を作成し、ばっちり覚えて面接へ。

いざ行ってみたら、事務所の隅の辛うじて応接間的な空間に通され、しばらく待機。


「あ、あれえ? ドアを3回ノックして「失礼いたします!!」って元気よく発声してから入室しちゃんとドアの方を向いてからドアを閉める、のステージが無いやんけ」

と思ってたら、前歯が2本くらい無いいかついオジサンがやって来て、イスにドスンと座るなり私を見て、

「株六さんて、アンタ? てかさー、大学出てなんでウチい?」

(ん? これは、「応募した理由を話してください」ってことか??)

と思って話そうとしたら、オジサン、片手でハンドルを握る素振りをしながら、

「なに、ホントに握りてえの? 本気?

とたたみかけて来て。。w

「ワタクシの父も運転手だったので憧れがあり〜」

みたいなことを言ったら、

「お父さんだってさー、きっと言ったと思うよ。ドライバーは大変だから、おまえはちゃんと大学出て楽して稼げる仕事につけってさー。…なー、言ってたろ?」

この後も、二言目には、

「大学出といて、ウチなんてもったいねえよ」
「空調きいたところでさ、パソコンぴこぴこやってた方が絶対楽だし、その方が稼げるだろー」

面接中、ずーーーーっとこんな感じw

「パソコンぴこぴこ」て。
ちょっと偏見ないすか?w



最後には、

「ま、俺が採用の決定するわけじゃないけど、たぶん、合格だろ。で、いつから来れる?」

な話で終わったくせに、その後3週間連絡なし。。

ばかああああ!(爆)

フェードアウトして終わりって、婚活か!w

というわけで、心地よい傷心wを感じながら3社目へ。

(つづく)

←へ

→イ