株六ぶろぐ

旅行記、体験記、株式投資など〜(´▽`*)

※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

■キュウリ3本
P7030029
ちょっと細身ですが、長さは500mlペットと比較してもまずまずな出来。
キュウリはやっぱり寝起きで摘んで、朝飯と一緒にバリシャキっと食うのが美味いね!

■ミニトマ、二十日大根、トウガラシなぞ
s2
黄色トマトが意外な美味さ。赤トマはちょっと皮が硬め。水を絞り過ぎたかしらん。二十日大根は爽やかな辛さが◎。
トウガラシはヘタに近づくほどびりびりとした辛さになるので、最近はそのまま食わず、トウガラシ醤油にして喜んでいます。今後もビシバシ収穫できそうなので、5年物のトウガラシ醤油目指して仕込んでみたいなあ。それにしても、トウガラシは株1本で驚くほどの収量が期待できそう。家庭菜園でも間違いなくペイする作物と言っていいでしょう!w

■二十日大根
ha
モンシロチョウの幼虫に葉は食べられてますが、大根部分は順調に育っていま〜す♪ 試しに1本抜いてみましたが、もう3日くらい待った方が良さそう。

■萎れまくりトマト
to
2日ほど家を空けていたため水やりをできず、萎れまくりトマト。。水を好まないトマトと言えども、これはちょっと萎れすぎか? 夕方に水をやってみたけど、回復するかしらん。

■本日の収穫
syu
先週まで、近所のスーパーではキュウリが1本25円で売られていたのに、今日行ったら46円。台風被害のせいか?

■カラーピーマン
pi
まだまだ全然緑色でつが。カラーピーマンは実がなってから色づくまでは50日近く必要だそうな。そんなわけで、3本仕立て後も放任せずビシバシ枝を切って、実がなりすぎないように気をつけています。
切った葉は、おひたしにして食うと美味いね!w

■ミニトマト・イエロー
to
例のガムテwなトマトですが、色づいているのはガムテより下の部分。
赤いミニトマトは皮が堅い上に、結構酸っぱくて「ありゃ?」な感じでしたが、イエロートマトは皮がそれほど気にならず、味も甘くてなかなか美味し。

ところで赤いミニトマトはさっそく鳥についばまれて一つ落下。キャツら、赤くなるまでちゃんと待ってやがんのな(笑)。

■オクラ
o
ポットのまましばらく放っておいたら、葉が落ちて枝だけになってる奴もいますが。。しかも、先っぽ何かエロいし(爆)。

■モロヘイヤ
mo
写真とは別に、同じプランターにもう3株植えてあります。あと、キッチンの裏にスペースがあったので、そっちにも地植え。モロヘイヤってかなり丈夫そうな印象なので、放っておいてもある程度育つのではあるまいか?

■ウドンコツヨシじゃないほうのキュウリ
kyu
こちらのキュウリも摘芯しますた〜。先に摘芯したツヨシは、早くも脇芽が順調に伸びて松。
「ぎゃー、成長点が摘まれた〜!! こうなったら脇芽を伸ばすぞーー!」
というように、植物にもきっと意思があるんだと思ふ。それくらい、これ見よがしに脇芽がムキになって伸びているように見えるのでえすw
キュウリより、後ろの窓のレースの方が気になってるあなた、ステキです♪ ←何が

■ミニトマト赤く!
to
ついに! 実が赤くなり始めますた〜。嬉しいいい(≧∇≦)
過去のログを見ると5月19日に「初花が散り、チビ実が付き始めました。」なんて記述があるので、正味40日くらいで赤くなり始めたってことかしらん? 明日あたり、摘んで食べてみようか〜。

■トウガラシ
tou
トウガラシは3本仕立て以降は基本的に放任状態なんですが、まー成るわ成るわ。さすが子沢山の象徴(?)。一昨日8cmくらいに育ったのを食べてみましたが、LEEの30倍を彷彿とさせる激辛さ。。大汗かきつつ大騒ぎしながらなんとか完食。いやーこの辛さ、実ったの全部食ったら致死量ちゃうか?(爆)

■二十日大根
ka
あっと言う間に葉が虫穴だらけ。。(´д`;)
よーく葉を観察してみると5mmぐらいの青虫がいっぱい。見つけ次第、片っ端から指で潰して、見事に「グリーン・フィンガー」完成♪
植物を育てているとまさに食うか食われるかですな。
「殺生はイカン!」
なんて甘っちょろいことを言ってられないw
殺らなければ、育てている植物が殺られるこの現実なのであります!(笑)

↑このページのトップヘ