プログラマーからトラック運転手へ転職し株するブログ

旅行記、体験記、株式投資など〜(´▽`*)

■2309 シミックHD

1566円買い。

配当34円〜62円、利回り約2.17%〜。
株主優待は100株で3000円相当の地域特産物
優待込み利回り約4.1%〜

今日はちょっと時間があるので、いつもは省略している「なぜ」な部分を少し書きます。

1月31日に業績予想の修正がされていて、1株当たり当期純利益が165.82円。
配当性向30%な実績を考えれば、今後49円に増配されるのは確実だと見ています。利益のさらなる上積みがあれば、現在の配当予想上限62円を超える可能性もありますね。
コロナ特需での一過性の利益やんけ、と言われればその通りなので、心配な方は今後来るだろう増配発表直後の噴き値で売るシナリオをオススメw

リスク要因は、2020年2月に新設された株主優待の廃止・改悪がダントツですね。
現状は継続保有条件がないし、単元株も安めなので優待クロスの恰好の餌食になりがち。

個人株主数の推移は、

2019年  3974人
 <<優待新設>>
2020年  7845人
2021年 10118人

と結構な勢いで増え続けています。
というわけで、心配な方は増配発表直後の噴き値で売るシナリオをオススメしますw


明日の権利付き最終売買日は何も買わない予定ですが、もし買うなら「株主優待は1年以上継続保有」が条件な会社でしょうね。
明日までに買えば1年後の優待支給が、明後日買えばほぼ2年後になってしまうし。

…て、真面目に狙ってるなら権利落ち直前に買うなんて邪道だし「下手だなあ、カイジくん。下手っぴさ」ですw

■7864 フジシール

1690円買い。

配当35円、利回り約2.07%。
株主優待は100株1年以上で3000円分のクオカード、1000株以上で10000円分のクオカード。
3年以上継続保有の長期優遇あり。
優待込み利回り約3.8%(100株の場合)

世の中は脱プラで業界には完全に逆風です。
だからと言って、座して死を待つような企業ではないでしょう。…たぶんw


■6306 日工

631円買い。

配当30円、利回り約4.75%。
株主優待は100株1年以上で500円分のクオカード、500株以上でクオカード or 自社製品。
500株以上は長期優遇あり(3年以上)
優待込み利回り約5.5%(100株の場合)

オマケ優待として100名限定の抽選となりますが「明石タコつぼオーナー権」がプレゼントされますw
個人株主をちゃんと意識している会社、スキ(´▽`*)

■4464 ソフト99

1250円買い。

配当36〜38円、利回り約2.88%〜。
株主優待は100株で自社製品、500株、1000株以上で優待品を選択可能。
長期優遇あり(3年以上)
昭和生まれにはソフト99と聞くとカーワックスなイメージだと思いますが、今やポーラスですよ、ポーラス! ポーラスでスマッシュヒットを狙う! …て、ポーラス? 何ソレw


■2000年6月〜2021年5月のTOPIX
無題

■2017年1月〜年末までのTOPIX
w

2017年のTOPIXは序盤こそもみ合っていましたが、夏の終わりから年末まで途中押し目を作りながら上昇して終わり、年初から約18%上げて終わる相場としては易し目な年でした。

2017年12月の資産状況は下記な感じ。
w2

無題1

資産 約4179万
負債    約7万

純資産 約4172万

2016年末が約3553万円だったので、この1年で+619万円。

+619万円の内訳は、

・株式評価益    +329万
・ひふみ投信評価益 +150万
・実家売却益    +140万

収入−支出は、ほぼトントン。

上げ相場でフォローな風が吹き、インデックスをただ持っているだけでも18%儲かるような相場だったんでー。
こういうアゲアゲな年は翌日が来れば来るほど資産が増えるので、生きているのが本当に楽しいですねw
こういう年は、信用取引バッキバキであっという間に億る人が続出するのもよく見られる現象です。そういう私はドンくさいし、レバかける度胸もないし、次々に億る勇者たちの後姿をただただ「すごいなあ」と見送っているだけでした。

ところで、今も毎月積み立てをしているひふみ投信、この頃は絶好調でした。(最近の成績はイマイチですが…)
ちなみに、投信ついでに書くと、2007年12月の記事で書いたさわかみファンド積立は2001年から続けていたんですが2009年にすべて解約して、ほぼ全額をキャバクラへ奉納いたしました(爆)。もしも、キャバクラへ行かずに今でも持っていたら3倍くらいにはなってましたねえ。。

ま、でも、いいの、きゃばくらはいい思い出なのだから!( ゜,_・・゜)ブブブッ

ひふみ投信は、積み立てを始めてから今日まで13年くらい経っており、今まで一度も一口も解約したことがありません。一時は元本の2.6倍くらいまで上げるも、ここんところの下げが直撃し、それでもまだ2.4倍くらいの含み益ニンマリ状態です。

「高いところでいったん売って、安くなったらまた買い直した方がもっと儲かるんジャネ?」

とは誰でも一度は思うことですが、これが本当に激ムズ。
たまたま高いところで売れることはあるかもしれない。でも、「安くなったらまた買い直す」のが輪をかけて激ムズ。もう安いと思うけど買ってさらに下がるかもな〜、なんて思い始めたらもう買えません。そうこうしているうちに反転しだして、気づけば売値より高いところで拾い直す羽目に。それがどうしてもイヤで「売り値より安くなるまで、俺は絶対に拾い直さんぞ!」と決意したものの、嘲笑うかのようにみるみる上がっていって、しまいには売値の2倍以上になったりして。
「惜しいことをしたけど、まあ、でも、少しだけど利確はしたわけだし損は全然してないから! ムキー!」
になることが、私の経験上は多め。

そんなわけで、もしも投信を解約するとしたら、

‥蠖を解約しないと用立てられない額のお金が必要になった
納得できない形でファンドマネージャーが代わったり、何か不祥事が発生
諸条件が不利なことに気が付いた

くらいでは? と思います。
は、勉強不足な頃に何となく買ってしまい、「おいおい、よく見たら信託報酬2.1%やんけ」と気づいたタイミングなどが該当しますね。

「成績が不振なファンドから、好成績なファンドへ乗り換えるため」

というのも巷ではよくある解約理由だと思いますが、今の私はこの理由では解約しないです。
もちろん、成績が良いことに越したことはありません。でも、今まで成績が良かったからと言って、これからも成績が良いとは限りません。そして、今後も好成績を続けるファンドを的確に選んで乗り換えるってかなり難しいことだと思います。
私の場合はファンドの運用方針に共感して投資している部分があるので、一時的に成績不振だとしても「ここんところの相場はこのファンドのターンじゃないのね」的になま温かく見守っているイメージです。

じゃあ、ずーっと成績不振だったらどうするのか?

そもそも、今までもずーっと成績不振なファンドを敢えて買おうとは思いませんwが、ある時からずーっと成績不振になったとしても運用方針に変更がないなら、私の場合は月の積立額を増やすんじゃないすかね。いやマジでw

投資の基本は売り買いすることではなく、持ち続けることだと思ってますので。( ̄▽ ̄)

そもそもファンドの良し悪しを判断する自信(過信?w)がないのなら、オルカン一択ですね。

「拍手」をいただけると更新する励みになります。
---
■オススメ本:『【全面改訂 第3版】ほったらかし投資術』



今月、全面改訂版が出たばかりの旬な本です。
オルカンとは何ぞや? レベルな方に最適な本ですが、個別銘柄投資でボコボコにされて失意のどん底にいる御仁へは闇の中の一筋の光明となる本だと思います。
私は現状、資産の55%くらい日本の個別株投資ですが、今後は老化するに従い、徐々にオルカンへシフトして行こうと思っています。
今は楽しい個別株の研究も、ジジイ化するに従って気力がなくなったり苦痛になってくるかもしれない。後は、死期wが近づいてきたら、甥姪にオルカンにこの本を添えて相続させた方がいろいろ楽チンだと思うんですよね。

この本は、「投資はしたいけど、銘柄研究とかしたくないし、そもそも投資になんて1ミリも時間をかけたくない!」という方向けで、この本を読む&積み立て設定の時間だけを割けば、後はほったらかしでベストな投資ができてしまうというスグレモノなのです!w

■5975 東プレ

1167円売り。

東プレは、私がプログラマ時代に愛用していた高級キーボード『REALFORCE』をきっかけに知りました。
トラックドライバーになってからは冷凍車の泥除けの「Topre」を見る度に、何だかんだ私と関わりのある会社や〜などと思っていました。
クオカード1000円な株主優待(長期優遇あり)があって、実質これ目当てでした。

で、ちょっと前の3月14日に出てしまいました、

「株主優待制度の廃止に関するお知らせ」
https://ssl4.eir-parts.net/doc/5975/tdnet/2095898/00.pdf

株主優待を目当てに買った銘柄が株主優待を廃止したら、ホールドする理由がない

というわけで、売りです。
優待乞○ロジック、分かりやっす!w

持つべき理由を後付けで探せば探せることもありますが、スジが悪いし邪道ですね。( ̄▽ ̄)


↑このページのトップヘ