プログラマーからトラック運転手へ転職し株するブログ

旅行記、体験記、株式投資など〜(´▽`*)

■2000年6月〜2021年5月のTOPIX
w

■2020年1月〜年末までのTOPIX
無題
2020年のTOPIXは1700近辺で始まるも、2月からコロナショックで急落し3月中旬の1236が最安値。底を打ってからは切り返し、終わってみれば1800近くまで戻して、年足では長い下ヒゲな陽線で終わる相場でした。

2020年12月の資産状況は下記な感じ。
w2
無題2

資産 約4346万
負債    約2万

純資産 約4344万

2019年末が約3929万円だったので、この1年で+415万円。

株の含み益分では、+277万円。
残りの138万円は、昨年事故った時の保険金が入って来たり、【給与収入−支出】の差額だったり、コロナで外出できず暇だったのでしまっておいたウイスキー達をヤフオクで売ったりしたプラス分です。

2020年は何と言ってもコロナ・ショックですね。
2月20日〜4月1日までの日経平均終値は下記な感じ。
無題1
私は2月25日の日経が781円下げた日から俄然やる気になって買い始めました。

が。
買っても下がる。
買っても買っても下がる。

証券屋に置いてあった現金は早々に使い果たし、長らく銀行に放って置いたお金を証券口座に移して、
「まだ底じゃないよね。底じゃないですよね」
と恐怖に震えつつ毎日買い注文。

余談ですが、嫁は株購入資金用に近所の地銀へ一発で700万円おろしに行ったら、支店長が出て来て用途だの本人確認だの色々あった挙句、嫁がATMで証券口座に入金するところまで付いて来ようとしたとかしないとかw

話を戻して、持ち株では、含み益から含み損に転落する株が続出。
そして、日を追うごとに急激に増えていく含み損の額。
「えー! 前はあんなに儲かっていたのに、今じゃこんなに損してるだとおお」
という、独特なあの残念感。

3月中旬なんてあまりの激下げで、明らかに体調を崩して毎日ゲリ便。
それでもゲリ便しながらひたすら買い注文。そして、

「まさかこんな値段で投げるようなアホはさすがにおらんやろな〜」

という指値が次々と約定していくんです!( ̄□ ̄;)

売るアホウに買うアホウ。

この時は、リーマンショックの経験が生きてビビりながらも買うことができました。
そして、今は亡き、竹田和平翁の下記の記事を読み、日々買い注文を出す勇気をもらっていました。
本当に素晴らしい内容なので紹介します。
ER_1IsZUUAExn7X
ER_1JhTUUAU7KZ3

株は絶対に死なない。大戦争でもインフレでも、株や土地が“死んだふり”をすることはあっても決して死なない。」

何とかショックの時って、

「今までの○○ショックとは、今回は明らかに違う。今までと同じように時間が経てば立ち直るだろうというのは、筋違いの楽観論だ。今回は今までのシステムを根底から覆すショックであることに早く気付いた方がいい。最悪、日経は6000円割れもあり得る!!」

みたいなことを言う人が必ず現れます

でも、決して惑わされないように!

株は絶対に死なない、のです。

近々では、ロシアがもしも核兵器を使ったりして相場が急落すると、絶対に誰かが言いそうですね。

「今までの○○ショックとは、今回は明らかに違う」

と。

でも、株は絶対に死なない、のです。

仮に株がホントに死ぬなら、人類も死んでいるだろうし、そんな事態になるのなら資産をキャッシュで持っていようと株で持っていようと、もうどうでもいいくらい混迷した世の中になっているはず。


…にしても、コロナ・ショックで軽快に仕込んだはずなのに、その後のリバウンド相場を考えると、私の成績は全然ショボいな。。
というのは、

・その頃に買った銘柄の多くが、たいしてリバウンドしない株だった。。
・すぐに利食ってしまい、その後の本格的なリバウンド上げを丸ごと逃す

あたりが主因です。

次回の何とかショックでは、この辺りを改善していきたい!

最後にもう一度。

今後の何とかショックの時には思い出してください。
株は絶対に死なない、のです。

いつも「拍手」をしてくださる方、ありがとうございます。
「拍手」をいただけると更新する励みになります。(´▽`*)

---
■オススメ本:『一番売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 上級編』



まったくの初心者な頃より、株の用語などに一通り慣れた後に次のステップとして読むと非常に有用です。
上級編というほど上級じゃないwけど、株式投資に関する素養が網羅されているので、漏れなく学べます。財務諸表がイマイチ読めてない方にもオススメです。基本的なことを知っておくと相場の見え方が全然違ってくるので、知っているに越したことはないと思います。
中古価格があまり安くならないのも、この本の優秀さを物語っている?!

■2000年6月〜2021年5月のTOPIX
w

■2019年1月〜年末までのTOPIX
無題

2019年のTOPIXは大発会が一番安く1471、4月まで徐々に上げるも5月からは下げ、その後上げ下げ。9月に1500付近から上げ始めて年末には1720近くまで上げて終わる相場でした。
年間では約15%上げて、去年の下げ分をだいぶ取り戻したイメージ。

2019年12月の資産状況は下記な感じ。
w2
無題2

資産 約3941万
負債   約12万

純資産 約3929万

2018年末が約3510万円だったので、この1年で+419万円。


でも、株の含み益分だけで言えば、+436万だったんです。
つまり、給与収入−支出 がマイナスになっていた、ということ。

この年は1月から運送会社に就職するも、年収的にはIT屋の頃より350万円ほど下がっていたのです!!( ̄□ ̄;)
…IT屋がいかに暴利を貪っているのか、あるいは運送屋に安く使われているのかは謎ですが。(いや、本当は謎じゃないけどw)

私は自制心は割とある方だと思っていますが、それにしても一気に350万円も生活のレベルを下げるのは難しかった。。

あと、秋にマイカーで事故って車を買い替える羽目になったことも予定外の出費で痛かったなあ。(言うても43万の中古の軽w)


ちなみに、年収で350万円下がっても、月の手取りで言えば8万、9万円くらいしか違いません。というのは、IT屋の頃はボーナスがエグかったんです。(今いる運送屋と比べると、という意味であって、一般的なボーナス額で言えば別にエグくない)
今いる運送屋がものすごく零細なせいもあると思うけど、ボーナス3万円とか、ケッサクな年は商品事故で買い取りさせられた玄米30キロの現物支給とかもありました。いやマジでw 我ながら、よく居るなあ、今の会社に(爆)

年収が下がって気づいたのは、IT屋の頃はいかに社会保険料と税金で持っていかれてたのか、ってこと。いや、ほんと、頑張って稼いでも、取り立てる方も頑張って取り上げていくわけで、稼いでいる方たちの何ソレ感はハンパないと思います。
それと、年収が低いと配当から引かれた税金の結構な部分が戻ってくる(総合課税で申告した場合)ので、配当収入のボリュームによっては還付される税金額が6桁くらいあったりするのでお得感があります。
一方、残念な面ももちろんあって、筆頭はふるさと納税の実質2000円なんちゃらな上限額が低いことかなあ。

* * *

一つ言っておきたいのは、

年収が下がったとしても、毎月の積立投資を止めてはいけない。

まずはiDeCo。
次に積立NISA。
余力がまだあれば、さらにファンドなど。

積立投資は、言わば未来への種まきだと思うんです。
将来、芽が出ればよし、さらに立派に育ってニンマリさせてくれればサイコー!!です。

ハァ? 芽が出なかったらどーすんだ? という人もいると思いますが、

芽が出るまで待てばよい。

の一択です。
いや、マジでw

いつも「拍手」をしてくださる方、ありがとうございます。
「拍手」をいただけると更新する励みになります。(´▽`*)

---
■オススメ本:『ビッグミステイク レジェンド投資家の大失敗に学ぶ』



高校生の頃から思っているんですが、他人の成功談よりも失敗談の方が学びが多い気がしてます。
「こうやればうまくいくよ」より「こうやれば失敗するよ」の方が分かりやすくないすか?

えっ、あの大物でも過去にこんなミスを?!的な面白さもあるし、「他人の不幸は蜜の味」的なところもありますねw
自分がやっちまって凹んでいる時には傷をなめ合う仲間としての側面も(爆)

■2914 JT

2135円、売り。

うーん。
ロシアですよ、やっぱりロシア。
JTはロシア周辺で利益の2割を稼いでいる、という話もあるし。
これから政治的に?叩かれそうな雰囲気もなんかイヤな感じ。

株主優待が今年末を最後に廃止、というのはどうでもいいんだけどw

ちなみに先進国では喫煙人口は着々と減っていますが、全世界レベルでは着々と増えているらしいので、JTの前途は実は明るいと思っています( ̄▽ ̄)

ロシア関連を織り込んだ業績予想が出てから、株価によっては拾い直すつもり。
…もしも、悪材料出尽くしで急騰しちゃったら、それはそれで縁が無かったということでしょうがないっす。(ノ_・、)


いつも「拍手」をしてくださる方、ありがとうございます。
「拍手」をいただけると更新する励みになります。(´▽`*)

■2000年6月〜2021年5月のTOPIX
無題
■2018年1月〜年末までのTOPIX
w

2018年のTOPIXは1月下旬に最高値の1911、その後1700〜1800の間を行き来するも、クリスマス近辺で急落して最安値の1415、大納会にかけて少し戻して終わる相場でした。
年間では約18%下げて、株持ちにとっては忍び難きを忍ぶ厳しい年でした。 ┌┤´д`├┘

2018年12月の資産状況は下記な感じ。
w2
無題1

資産 約3518万
負債     約8万

純資産 約3510万

2017年末が約4172万円だったので、この1年で−662万円。

ああ、厳しや、下げ相場。。

厳密に言うと、このマイナスは下げ相場のせいだけではありません。
株系の評価損で言えば、およそ−500万円。
この年は4月にシステム屋を辞めて、年末まで無職でぶらぶらしていたので収入面が激減しました。で、暇を持て余して南米北京へ旅行に行ったり、再就職に備えてけん引免許をとったり通勤用の安い車を買ったりして支出が多めでした。

収入より支出が多ければ、資産が減るのは当然です。。

* * * 

株で億り人になる!

と言うと、

日々銘柄研究に熱情を注ぎ、次々に10倍株をヒットさせて億る

とか、

超人的な瞬発力と並外れた度胸でデイトレードを重ねて億る

などを、特にビギナーなうちはイメージすると思いますが、上記のパターンで億る人って実は稀なんじゃないかと思います。

遺産相続や事業売却などで一撃で億るとかでなく、年収○千万円とかでもない、いわゆる庶民で億る人って、日々本業に精を出して収入を増やす努力を惜しまず、着実に節約もして手元のお金を増やし、それの多くをインデックスファンドへ継続的に投資し続ける人、なんじゃないかなぁ。(飽くまで私の勝手な印象です)

個別銘柄は当たると何倍になったりもするし、配当が入金されると嬉しいし、銘柄によっては株主優待もあるしで楽しい面がたくさんありますが、一方で、ハズレると超悲惨。。個別銘柄の集中投資で消えて行った人のなんと多いことか。

ハズレにも二種類あって、

・個別銘柄でのハズレ
・相場地合いでのハズレ

前者はマンマなので特に説明はいらないですね。
後者は、例えばどんなに素晴らしい銘柄であろうと重大なテロや大地震など、予期できない悪い出来事の後は相場全体が下げるわけで、個別銘柄うんぬんなんてどうでもいいんです。そんな時に信用二階建て(or それ以上)みたいなアツいポジションを抱えていると、あっと言う間にハズレ地合いの大波にさらわれて相場の藻屑となって消えて行く。。

投資としての王道は、多くの識者が言うように「インデックスファンドへ継続的に投資をし続けること」だと思います。
大きくは当たらないかもしれないけど、大きくハズレることもない。

まさに王道。

…でも、王道って、やっててつまんないんですよね。
ホント、つまらないw

下げ相場の始まりから積み立てを始めた方なんて、しばらくはずーっと含み損のままなので、輪をかけてつまらないことは想像に難くないと思います。

でも、資産を増やすことが目的なら、本来「おもしろさ」なんて二の次でいいはずで。
まぁ、インデックスファンドでも、含み益がある額を超えたあたりからはチェックするのがちょっと楽しくなって来ますw


私は投資を始めてからもっぱら個別株投資で来ましたが、成績は間違いなくインデックスファンドへの積み立て投資よりも劣っています。
その上、銘柄研究や毎日の株価チェックなどにかけてきた膨大な時間なども考えると、他のもっと楽しいことに時間を使っていた方が良かったんじゃないの? と思わないでもないです。

が。

他のもっと楽しいことって何?

というのも正直な気持ちw

個別株投資は楽しい。
本当に楽しいんです。
時には死ぬ人も出るくらい、怖いことでもあるけど。

「拍手」をいただけると更新する励みになります。(´▽`*)

---
■オススメ本:『株で資産3.6億円を築いたサラリーマン投資家が教える 決算書「3分速読」からの“10倍株”の探し方』



著者の「はっしゃん」はトップカルチャー全張りの頃から知ってる株の達人の一人です。
ここ数年、いわゆる成功した個人投資家の方々の書籍が乱発?されてますが、それらの本の中でも群を抜く良書で、個別銘柄をやるなら読んでなきゃ嘘ですw
まったくの株ビギナーにはちょっと難しい内容かも。でも、変な癖がつく前に読んでおけば、スジの良い投資家になれることでしょう。
ある程度やってる人で「決算書って、結局どこを見ればいいわけ?」な方には、きっと良い視点&刺激になると思います。

2384 SBSHD から送られてきた書類を見ていたら、

『株主様特典のご案内』

なる紙が。

gmap


ドッグフードやキャットフードを1回あたり3300円以上買うと500円引きになるクーポンが10回分。
試用期限は12月25日まで。

いわゆる隠れ優待ですね~♪

「拍手」をいただけると更新する励みになります。(´▽`*)

↑このページのトップヘ