プログラマーからトラック運転手へ転職し株するブログ

旅行記、体験記、株式投資など〜(´▽`*)

Hotels.com(ホテルズドットコム)

2日目は、和倉温泉バスターミナル8:30発のバスツアーに参加。
『和倉温泉 ホテル海望』は前日に言っておけば、8:10頃発の車で和倉温泉バスターミナルまで送ってくれます(徒歩でもホテルから10分かからないけど)。

バスツアーは『あさいち号 〜能登海岸めぐりと五重塔〜』 Webで予約できるので便利です。
大人1人7200円。全国旅行支援なクーポン券が使えるのでフルに使いましょう。

ツアー内容は、輪島朝市・輪島塗会館から始まり、輪島キリコ会館、巌門、妙成寺、千里浜なぎさドライブウェイを経て、金沢駅西口で解散。そうなんです、これに乗れば和倉温泉→金沢へは自力で戻らなくていいので、金沢泊な人には便利です。
別のバスツアーで、同じく和倉温泉発の「おくのと号」なら能登半島の先端まで行けますが、戻りも和倉温泉着17時頃なので、そこからさらに電車で2時間弱の金沢移動はちょっとしんどい気がする。。(ま、和倉温泉に連泊すればいいだけですが)
バスツアーは入館料が必要なところは料金に込みなのが嬉しいすね。そして、昼食代も込み。コミコミで7200円です。コミコミで!
北鉄の定期観光バスツアーは他にもあって、一覧はこちら

あさいち号、バスガイドさんも付いており、今回はかなりのベテラン♀さんでした。お話し好きみたいでホントよく喋る感じ( ̄▽ ̄)
今回の参加者は私たちも入れて計14名。子連れはおらず、熟年 or 壮年なカップル多め。他は、足の悪いおじいちゃんとその孝行息子?が1組。

■ツアーバス
DSC_0252
※どーでもいいけど、↑の輪留め、雑ジャネ?w もしホントに車が動いたら、簡単に弾き飛んで輪留めの意味なさんぞ。。

予定通り、8:30にバスターミナル発。9:40頃に輪島塗会館着。そのまま徒歩で輪島朝市へ。自由時間は約60分。パラパラと雨が降っていて、天気ビミョー。。

■輪島朝市の風景
DSC_0239
海産物多め、特に干物。2万5千円みたいなボイルなカニもいました。お客さんは観光客ばかりではなく地元民の方も普通にいる感じ。いかんせん天気が悪く、この日はちょっと活気に欠けていた印象。(て、晴れの日の風景を知りませんがw)
バスツアー参加者には、某お店で辛うじて輪島塗だけどショボ~い感じの箸がプレゼントされます。…正直イラネ。。
途中で速水もこみち氏がロケをしていて、オバサマたちが「きれいな顔しとるわ〜うふ」などと黄色い声を出しておりますた。

輪島塗会館は、ゴツい金額の漆器が並んで売られています。特に茶道具に高額なものが多かったような? 茶道やる人ならトキメいたりするのかしら。2階の輪島塗資料展示室は有料ですが、バスツアー参加者は無料で観られます。

輪島朝市の次は、輪島キリコ会館を見学。「キリコ」いうと「江戸切子」をイメージして「はいはい、ガラス製品なアレでしょ」などと思いません? 実は全然違って、祭りで使われる山車風なアレのことでした。

■キリコ(切籠)
DSC_0246
江戸時代の物は、大きいものでは高さ12mもあるんだとか。が、最近は電線な事情や担ぎ手不足を反映してコンパクト化が進んでいるそうな。


キリコ会館の次は、『ビュー・サンセット』でランチタイム。11:50〜12:30まで。

■ランチ
DSC_0250
バスツアーで出たタダ飯に文句言ってもしょうがないんだけど、何と言うか、華がなかったすね。。「お、うめえ!」と思ったのは、揚げ物にかかってたソースw このソースは美味かった! って既製品だろうけど。鍋の団子もギリありな感じ。ランチの料金設定っていったいいくらダッタンダロー。もしオプションでビールがあれば、オジサン多めやし、頼む人が絶対にいると思うけどな~。

13:15〜巌門に約40分滞在。

■巌門
DSC_0255
松本清張の小説『ゼロの焦点』の舞台なんだそうな。て、私は読んでませんが。
残念ながら遊覧船は欠航でした。(そもそも冬季はやってないのかも?)
↑の写真のポイントへはかなり急な階段を降りて行かないといけないので、参加者の足の悪いおじいさん組は降りるのを断念していました。
ここの売店のおばあちゃんは、かなり活きがイイですw お店では貝殻なアクセサリーなどを売ってて「これ全部、娘が作ったのよ〜」と正直に言ってましたが、「その道のアクセサリー作家さんに作ってもらってるの〜」とか言えばもっと売れるのでわ。。

14:10〜は妙成寺(みょうじょうじ)に約30分滞在。
北陸唯一の五重塔が一番の見どころな、はず。

■五重塔、庭園 with 五重塔
妙成寺
傷みが目立つ建物もあり、維持管理なやりくり大変そう。。

15時に『能登千里浜レストハウス』で最後のトイレ休憩が約10分間。
さすが浜のそば、外はものすごい風。風速10m近くあったのでは。歩いているおばあちゃんとか完全に斜めになってるしw

ここでは千里浜名物な『いかだんご』を買いました。1本150円。
いかだんご
中にはさいの目な感じに切られたイカがぽつぽつ入っています。味はほぼ見た目通りですw 小腹を満たすにはちょうどいいサイズ。

このバスツアーの最後の見せ場となるはずだったバスで砂浜を激走ス!は、砂浜コースが強風のため閉鎖されており中止になりますた。。ぐは! 大型二種免持ちとしては砂地を走るバスの感覚を地味に楽しみにしていたのにい。そんなわけで、普通に高速に乗って普通に金沢駅西口へ。16時過ぎ、無事に着いて解散。

この日のホテルは、『天然温泉 加賀の宝泉 御宿野乃 金沢』
いわゆるドーミーイン系列。16:40頃にホテルに着いたところ、受付窓口が5つもあるのにチェックイン渋滞が発生していました。宿泊者のほとんどが旅行支援を使うので、その手続きにどうしても時間をとられてるっぽい。加えて、旅行支援じゃないプランを予約してもーた客が「今から旅行支援プランへ変更するにはどーしたらいいんだ!なんとかできるだろ!」などと揉めたりもしており。

17時半前に晩飯を食べにホテルそばの近江町市場へ。
が、時間が遅すぎてほとんどの店は閉まっていて、ホテルと提携しているっぽい定食屋がところどころでやっている程度。「そもそもが観光客価格ジャネ?」というのも気になり、157号の1本向こうな金沢エムザB1Fの『ゆげや萬久(バンキュウ)』へ。

店の外から店内を見たらガラガラで、「おいおい、この店、ホントに大丈夫か〜?」とちょっとイヤな予感がしたけど、入って見たら奥の方には結構お客さんがいました。なぜ外から見える席からお客を入れて行かないのだ? 加えて、店員さんはイマイチ覇気がなく、「…こ、これわ。。」と思っていたけど、料理は普通に美味しかった。

■金澤おでん(食べかけ)、お造り
金沢おでんなど
改めて写真で見ると、お造りの盛り付け、実はビミョーだった?w
写真にはありませんが、おでんの中では牛すじが群を抜いて美味。ぜひ頼むべし。

せっかくこの時期の北陸やし、かに面や! かに面いったろ〜!

■かに面
かに面
「メニューの写真、ぜってー盛ってんジャネ?」
と思っていたけど、見た目はサイズも含め、まあまあメニュー通りでした。嫁はもうちょい大きいやつを期待していたっぽい。
食べている時は「そっすかー、これで1900円っすかー」な気がしてたけど、翌日の近江町市場では似たようなサイズのかに面が3000円とかで売られていたので、実は全然良心的だった気がしてきた。嫁はカニミソ&甲羅にへばりついている部分がかなり気に入ったみたいで、スプーンでゴリゴリにそぎ落としながら「やっば! っんっま!」と上機嫌で食べていました。

このお店の酒器の片口、自宅にちょっと欲しい感じ。
酒器
19時半前まで居て、会計は8500円弱、旅行支援クーポンが使えたので自腹は6500円弱。
私たちが帰る頃には8割くらい席が埋まっていました。

ホテルに戻って、大浴場へ。ドーミーイン系の大浴場は温泉なのが嬉しいすね。ここのお湯はニオイが機械油系でしたw
サウナは広めで良かったけど、かなりの高温で鼻から息を吸うと鼻の奥が焼けてヒリヒリするレベル。俺にはちょっと熱すぎました。…て、それなら最上段になんか座ってないでもっと下に座っとけよって話ですがw
風呂上りの無料アイス、私は食べなかったけど、嫁によるとどっかのクソババアがビニール袋に死ぬほどアイスを入れて持ち帰ってたそうな。食い過ぎて腹くだしてまえw
ドーミーインお約束の無料な夜鳴きそばはしっかり食って0時過ぎに寝ました。

ちなみに、ドーミーインの運営会社は 「9616 共立メンテナンス」という会社です。コロナで急落した2500円割れで、なぜ拾えなかったんだ俺。。怖かったのか? ビビッてしもたんか?
そして本日の株価は5810円です。 ウォアアアア。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。

(後編へつづく)

←前編へ

いつも「拍手」をしてくださる方、ありがとうございます。
「拍手」をいただけると更新する励みになります。(´▽`*)



赤い風船 国内



Hotels.com(ホテルズドットコム)

12月になってもやっぱり無職で暇なので、北陸・石川県へ行って参りました。旅程は2泊3日。

1日目:埼玉→金沢、七尾、和倉温泉泊
2日目:和倉温泉からバスツアー、金沢泊
3日目:金沢→埼玉、帰宅

それにしても北陸新幹線のおかげで、関東から金沢へは本当に近くなりましたな〜。
東京−金沢間は最短で2時間半だそうな。
私が学生の頃は、長野−富山間ですが特急使って3時間、鈍行で5時間。車なら高速使って3時間、オール下道で6時間弱だったような。学生時代に池袋から富山までオール鈍行で帰ったことがあったけど、昼の11時に池袋を出たのに、富山へ着いたのは終電でした(爆)。高崎の乗り換えで、まさかの2時間待ちをくらったのが痛かった。。
…て、30年前と比べてもしゃーないなw

6時半過ぎに自宅を出て、ケチって行けるところまでは鈍行で行ったので、金沢着は11時過ぎ。…どーでもいいけど、こういう時に「ええ〜、鈍行?! ウソでしょ〜? っんとにセコいんだよなあ。とっとと新幹線乗れよ! マジ小さいのはあそこだけかと思ったら人間もでやんの、ペッペッ!!」みたいなパートナーじゃなくて本当に良かった。。w

金沢駅に着いて、「まずはランチを食おう! 海近の最初の飯は鮨一択やろ〜」というわけで、ググルマップで何となく見つけた『北陸金沢回転寿司 のとめぐり』へ。

西口を出てすぐ右へ行き、クロスゲート金沢の2階にあります。
カウンターは満席でしたがボックス席に空きがあってすぐに座れました。ラッキー。
回転寿司とは言うものの、セット握りは人が直接持って来てくれ、単品な握りを頼んだ時のみレーンで運ばれてくる感じ。ボックス席の注文はすべてタッチパネルでするので、声が小さい方にも安心です。
私は「のとめぐりランチ」嫁は「上握りランチ」。

■のとめぐりランチの握り一部(他に、カニ軍艦、白エビ軍艦、のどぐろ海苔つつみなどが付きます)
DSC_0197
■上握り
DSC_0198
おおー、なんかいいやつ来た〜。
うめー。すし、うめー。アカニシガイ、のどくろ海苔つつみが特に旨かった。

鮨を持って来てくれた板前さんが各ネタをていねいに説明してくれるのも好印象。
「北陸来たら、やっぱ白エビ食わなウソやろ〜」
と白エビのから揚げも注文。

■白エビのから揚げ
DSC_0200
ちょっと腹が足りんなと、追い白エビして、ネギトロ、かんぴょう巻、レンコン団子なども追加。
お会計は8千円ちょっとでした。ブハハ、無職のくせにランチにしてはちょっと調子に乗り過ぎた(爆)。
のとめぐり、分かりやすく美味しいので、ぜひオススメいたしたい!

金沢駅から七尾へ移動。
特急な選択肢もあったけど、時間が合わなかった(乗車時間は30分短縮できるけど、出発まで駅で1時間待ち)ので鈍行で行きました。
「平日の昼間12時半発の鈍行やで? どうせスキスキやろ〜そんなもーん」とナメていたら、高校生が大量に乗車していて立っている乗客多数。マ、マジっすか。でも、ギリギリ座れました。てか、正午過ぎでなんでこんなに学生おんの? テスト期間中? 謎。
どう見ても高校生なのに、みんながみんな学ラン着用なのもちょっと驚きました。この辺は私服通学じゃないんすね。ちなみに、私の隣りに座っていたのも学ラン男子高校生。座って少し経って、隣りの彼からおばあちゃん家のニオイwがして来ることに気が付きました。「そうか〜、きっと昔から伝わるデカい家に三世代で暮らしてるんだろな〜。この力強いぬか漬けの香りはどうだ! これわ曽ばあちゃんさえも存命な可能性があるぞ!」などと妄想してニヤニヤしておりました。キモッ。
車窓から外を眺めていると、金沢から離れていくにつれてデカい&手の込んだ造りの家が明らかに増えてきます。
↓こんな感じの家
無題
↑の家もそうですが、真っ黒で独特の艶がある屋根瓦を使っている家が多く、「なにこの瓦、石川で流行ってんの?」な印象あり。

七尾駅着は14時前。

■七尾駅名標。和な感じがイイ!
DSC_0206
七尾と言えば、言わずと知れた100名城の七尾城っすよ!
…が、100名城スタンプは七尾市役所内にもあるという情報をつかみ、駅から徒歩10分もかからない市役所でスタンプをペロっと押して「七尾城のほう、完遂いたしますた!」

てか、城跡をろくすっぽ見ずにスタンプだけ集めて、それ、ホントに意味あるう??
いやもーこれホントの話、城が好きかって言われると、実は自分、そうでもないんです。

…て、100名城スタンプについての複雑な思いwは、旅行記に書くようなことじゃないので、いつか別記事で書きたいと思います。…書かなかったらスミマセンw

七尾市役所から徒歩で移動。歩き始めてすぐにパラパラと雨が降り出し。北陸は「弁当忘れても傘忘れるな」と言われるくらい、天気が変わりやすいので傘は必携なのであります。
15分弱歩いて「七尾フィッシャーマンズ・ワーフ 能登 食祭市場」へ。カニや鮮魚などから、漆器や九谷焼、おみやげ的なお菓子など、色々なお店があります。食事をできる所もあり、買った鮮魚をその場で調理して食べられる感じのお店もありました。
日本海が見られるデッキもあるんですが、あいにくの雨模様。。

■日本海@七尾
日本海@七尾
シーズン柄、とにかくカニがイチ押しな感じでした。水槽の中で生きているカニもいたりして、見てるだけでもちょっと楽しかった。
徒歩で駅へ戻り、駅前にあるドンキでちょっと時間つぶし。

七尾駅はJRの改札と「のと鉄道」の改札が別になっていて、旅行者にはちょっと分かりづらいかも。
のと鉄道はSuica(というか交通系IC)が使えないので、改札のところにある券売機で切符を買います。となりの和倉温泉駅まで190円。切符を買わずに、車内で車掌に現金で払っても良いそうな。乗車して6分弱で到着。3両目に乗っていたので、別所線(何)みたいに先頭車両の一番前のドアしか開かないとかだったらヤだなあ、とちょっとドキドキ。停車する頃にはどこからともなく車掌が現れました。乗っている車両のドアがちゃんと開いて、その横に車掌が立って降りる乗客の切符を回収し始めたので安心しました。
和倉温泉駅を出たところにあるロータリーに、その日に泊まる予定なホテルのマイクロバスが停まっているのを発見。お迎えの予約はしていませんでしたが、ダメ元でドライバーのオジサンに声をかけてみたら、空きがあるから乗ってかまわないとのこと。ラッキー! ホテルまで歩かずに済みました。元々乗る予定のお客さんが来るまでの待ち時間、オジサンとダベリ。ちょうどW杯中だったので、サッカーな話題で盛り上がりました。
最近は外国人のお客さんも明らかに増えて来たそうで。「ちょっと前に林さんって人が予約しててね。で、お迎えに行ったら中国人のお客さんで、『リンだ!リンだ!』とか言うわけ。あー、なんだ、ハヤシさんじゃなくてリンさんか! 漢字だけじゃわっかんねーよ、そんなの。って話でね。がはは」と、しっかり仕上がってる話もありましたw

この日の宿は、『和倉温泉 ホテル海望』
和倉温泉と言えば、言わずと知れた加賀屋が超有名ですが、さすがに無職の40代が泊まるような宿ではないと思われ。。w そう言えば、駅のロータリーには各宿のお迎えのマイクロバスがたくさん停まっていたけど、加賀屋のバスだけは唯一の大型バスでした。恐るべし、加賀屋!

ホテル海望はその名の通り、客室からのオーシャンビューが素晴らしい。
ここに限らず、和倉温泉の宿は絶対に海側の部屋に泊まるべし。ここは絶対にケチってはアカンとこ。

■部屋からの夜明けの海
DSC_0235
平日で空きがあったせいか、予約していた部屋よりもグレードアップされた部屋を用意してくれて、ラッキー!(≧▽≦)

大浴場も眼前が海なので、それを眺めながらの入浴がサイコー過ぎますね。
お湯を舐めてみたら、塩味が効いてかなりしょっぱい系。コロナ対策でサウナが閉鎖されていたのがこの宿で唯一残念なところでした。

晩飯処は、パーティションで区切られた半個室な感じ。
宿泊客の名前入りでお品書きが用意されていました。

■お品書き(名前の所は見切れています)
お品書き
■お造り、アワビ、カニ
晩飯1
アワビは焼く前に活きていることを確認させてくれますw
ブリ刺しも特に良かったっす。
料理よりも、給仕してくれるおば(あ)ちゃんがなかなかのクセ強で私好みでした(爆)。
アワビから出た汁を飲まないでいたら、
「あんた! 汁飲まなくてどーすんの。亜鉛よ、亜鉛!美肌に効果ありよ!」
とか、日本酒を熱燗で2合頼んだら、とっくりからこぼれるくらいにビッタビタに入れて来て、時々こぼしながら、
「あは、入れすぎちゃった! 入れすぎちゃったの! こ、こぼれるう〜、ダメ、ダメ!」
とかゲラゲラ笑っちゃってんの。あと、釜めしの燃料に勝手に火を点けようとしたら、
「早い早い! まだ、早いわよ。火を点けるのはカニの後! あせっちゃ絶対ダメ!」
とか。
客によっては「おい給仕、アンタ無礼だろ!」と怒ったりするのかもしれませんが、私はこういう感じのクセ強キャラな人、大好物~w 旅先で出会うクセ強な人も、旅の醍醐味の一つなのであります。

* * *

翌日は、5時半過ぎに起床。
すがすがしい早朝にホテルの周りを散歩してから朝風呂入ってフゥー、とか思っていたんですが、いざ起きたら外はまだ全然暗いし。。日の出を確認したら6:48でした。アホや、日の出の時間くらい寝る前に確認しとけや(爆)。
この日は、8時過ぎにチェックアウトしてバスツアーへ参加する予定だったので、早朝の散歩はあっさり断念。ま、傘なしじゃ歩けない程度の雨が降っていたので、天気的にも散歩はちょっと厳しかった。
6時半過ぎに大浴場へ行ったら先客は3人でした。う~ん、朝焼け見ながらの入浴もいいもんですなあ。
本来は7時半から朝食だったんですが、8時にはチェックアウトしておきたかったのでフライング気味に朝飯処へ。爽やかなイケメンお兄さんに案内されて海の見える席へ。前日の晩飯時に、
「明日の朝食はビュッフェですからね〜」
とおばちゃんが言ってたような気がするけど、普通に定食スタイルでしたw
「あの人、なんでウソついたんだろ?」
と嫁とゲラゲラ笑ったりして。

■朝食
朝飯
最初は左側の状態で提供され、後から右側の蒸したてアツアツの魚&野菜・その他が提供されます。イカ刺し、ヨーグルト、豆腐が特に良かったっす。でも、いわしのアンチョビ的なやつが唯一ビミョー。独特なニオイがそもそもNGな人もいるだろうし。私は油断して食ってたらいわしの骨が絶妙な角度で歯茎に刺さってテンションダダ下がりでした。株六、ざまあ!(爆) いやホント、こんな危険な食い物、注意喚起もなく出したらアカンで。。
私はしませんでしたが、ライスはおかわり可能です。

→中編へ

いつも「拍手」をしてくださる方、ありがとうございます。
「拍手」をいただけると更新する励みになります。(´▽`*)

赤い風船 国内



お金の教養講座

■8214 AOKI HD

673円、買い。
配当17円、株主優待は20%引きな自社グループ買物優待券(5枚)や施設(快活CLUBなどの)利用優待券が10枚。1000株以上で枚数アップ。婚礼10万円割引券も付きます。で、それらが年2回。
施設利用券はヤフオクで10枚1000円ちょっとで売れてること多し。買物券はほぼ捨値だけど、ちょいちょいスーツを買うような人には2割引は嬉しいでしょうね。
施設利用券をヤフオクで2000円で売れたとして、優待込み利回りは約5.5%。

言わずと知れた、紳士服のアオキです。
が、それだけではなく、快活CLUBやコート・ダジュール、フィットネスクラブ、結婚式場など実はいろいろやってたりします。
オリンピック絡みで元会長(=創業者)が逮捕されたのも、このアオキですw

コロナ収束後は1000円くらいまでは楽に戻るのでわ。ま、この辺りで仕込んでおけば下手に売って譲渡税取られるよりも、まったり持ち続けるでいいんじゃないすかね。

アオキの創業者は長野県篠ノ井の出身なので、長野県生まれな私にはちょっと親しみがあります。
弟と会社を創って、自転車に背広を載せて行商から始めた苦労人、それで一代でこれだけの会社に成長させたんだからたいしたもんです。

ガンバレ、アオキ!!

※ま、こんな風に「応援したいから」などとぬる〜い理由で買う株は、だいたい損して終わりますね( ̄▽ ̄)

■2792 ハニーズHD

1266円、買い。
配当40円、株主優待は1年以上継続保有で自社商品引換券500円×6枚(100株)。300株、500株、1000株で枚数アップ。
100株時の優待込み利回り約5.5%。5月決算。

10〜60代向け低価格の婦人カジュアル衣服の小売メインな会社。
20年間の月足を見るとここ10年はたいして動いてないように見えるけど、ここ10年間で見ると安値703円、高値1837円とそこそこの動きはあり。
結構な高収益だし、今後は増収増益な感じなのに、なんでこんなに出遅れているんだろう? 謎。「人口減な日本で、国内市場だけをターゲットにしている企業に未来はない。パーン!パーン!」ってことなのかなぁ? 謎。

ま、毎年引換券3000円分をゲットして、
「好きな服とか買って来ちゃいなよ、YOU!」
と嫁に言って、一人悦に入ってるのがいいんじゃないすかね。嫁には、
「はにーず? イラネーヨ!」
と言われるかもしれませんけどね。ま、却下されたらヤフオクでサクッと売っちゃえばいいんです、サクッと。で、売った後に、
「そう言えば、あの券どうした?」
「はにーず? いらねーって言うから、売ったよ」
「いくらで?」
「2000円」
「ハアァァァァ? 3000円のもの2000円で売ってんの? バッカじゃないの? ボクちゃん、さんすうできますか~?」
と、ひどく詰められたりしてね。
常に正解が見つけられない、毎日がラビリンス。これも夫婦生活の醍醐味の一つですよね。

ガンバロー!!w

いつも「拍手」をしてくださる方、ありがとうございます。
「拍手」をいただけると更新する励みになります。(´▽`*)



株式投資型クラウドファンディング イークラウド

お金の教養講座

■6823 リオン

事業報告書に同封されていたアンケートを郵送すると、1000円分の図書カードがもらえるそうな。

※1月末日まで

44
隠れ優待とはまた違うけど、こういうのがあると嬉しいですね~( ̄▽ ̄)

なお、リオンには株主優待もちゃんとあります。
↓こんな感じ
https://www.rion.co.jp/ir/dividend.html#anchor02

いつも「拍手」をしてくださる方、ありがとうございます。
「拍手」をいただけると更新する励みになります。(´▽`*)



株式投資型クラウドファンディング イークラウド

お金の教養講座

■7185 ヒロセ通商、買い

2442円、買い。

ヒロセは9月15日に売って持ち株ゼロだったので、買い戻しました。
↑のページにも書いた通り、ヒロセ通商とは「9月に売って、11月に買う」のを朴訥と繰り返すべき株なのであります!w

※今回は、権利落ち後の9月29日の2257円が最安値でしたが。。

はー、もうあとは9月になるのを待つだけや。
こんな感じでいいんだから本当に楽ですよね〜。( ̄▽ ̄)

ところで、嫁の口座では今回のヒロセの株主優待、ゲットしたんです。
↓ちょっと前にこんなのが届きました
DSC_0162
DSC_0160
噂通りのすごい量(* ̄m ̄)
今のところ袋ラーメン、お湯をかけて戻る中華丼・麻婆なす丼を食べてみました。パッケージ&内容物の見た目が貧相なせいか、いかにも不味そうに見えたけど普通に食べられるレベルでした。いや、グルメじゃない私にとっては、むしろ美味しい寄りだと思う。

そんなわけで、もしも9月の高値が買値より下回っている状況なら、その年はそのまま優待ゲットしちゃっていいんジャネ? などと思いました。

ま、でも、タイミングよく何とかショックでも来ない限り、そんな状況にはまずならんでしょう。
だって、ヒロセ通商とは「9月に売って、11月に買う」株なのですから。アホや、こればっかw

9月に入ってなかなか上がらなかったとしても、同じことを考えているツイッターの人たちが、
「ヒロセ通商の株主優待ってマジすごくない? 見てよ、ほら。絶対買った方がいいよ! だって、この量だよ! 笑っちゃうよ、ホントに! だから絶対買った方がいいよ! 9月が権利月だからね! 今からでもまだ間に合うよ! 明日、成行で買っチャイナよ、YOU!」
と盛んにアピールし始めるにつれて自動的に上がるようになってますから~。ホントだよ!(爆)

いつも「拍手」をしてくださる方、ありがとうございます。
「拍手」をいただけると更新する励みになります。(´▽`*)



株式投資型クラウドファンディング イークラウド

↑このページのトップヘ